普段から健康的な生活を送り、ストレスも一切感じていないにも関わらず、頭頂部や生え際の髪だけがどんどん細く衰えてきている…。あるいは考え付く全ての育毛法や薄毛対策を実践しているにも関わらずそれらの部位の薄毛化を食い止める事が出来ない…。
この様な症状の場合は間違い無くAGA、つまり男性型脱毛症に罹っている可能性が高いと言えるでしょう。男性型脱毛症の原因は本人の健康状態に依存するものではありません。男性において日々分泌される男性ホルモンがDHTと呼ばれる脱毛酵素を生み出し、これに対し感受性の高い頭頂部から前頭部にかけての部位が反応し、その部位の髪の毛が育たず衰えてしまうのです。人によってその感受性に差があり、特に感受性の高い人がAGAを発症し易くなるという訳です。
もし前述の様な状況であればDHTに対する頭頂部や前頭部の感受性が高く、確実にAGAが進行している事になりますから、一般的な育毛法では無く専門の医療機関を受診し適切な治療を受ける事がその進行を食い止めるベストな手段となります。
AGA外来を掲げる皮膚科であればその診察・治療は可能。現在は専門のポータルサイトもありますから、そこを経由し身近な医療機関を見付ける事も簡単でしょう。
一旦AGAが進行し始めてしまうと大抵の場合、一般的な市販の育毛剤ではその効果は得られません。幾ら本人が健康でも放っておけば年齢と共に確実に進行しますから、なるべく早い段階で専門のAGA治療を受けるに越した事はありません。
AGA治療で盛んに用いられている治療法は専門の薬剤を服用しその進行を食い止めるというもの。そのメインとなるのはプロペシアやフィナステロイドといった、脱毛を司る男性ホルモンの一種、つまりDHTの働きを抑えるDHTブロッカーです。
これらと現在市販もされているミノキシジルとを併せ長期間服用し続ける事により、生え際から頭頂部にかけての薄毛化を継続して食い止める事が出来るのです。
ただAGA自体、直接人体の健康や生命を脅かす病気では無い為健康保険が適用されず、また一旦服用を止めるとリバウンドから一気に脱毛が進んでしまうといったデメリットがあり、究極的に言えば、自らの一生分これらの薬を服用し続けなければならない金銭面でのリスクと実生活とを天秤に掛け、現実的な結論を出す必要があるでしょう。

PR|初値予想|JALカード|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|心の童話|ショッピングカート|女性向けエステ.com|童話|オーディオ|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|